現状と今後の動向|結婚指輪や婚約指輪を大切な人へプレゼント

材質から選ぶ

Wedding

材質によって変わる価格を知って費用を抑える

結婚指輪を選ぶ時、デザインを選ぶ楽しみもありますが材質を選ぶ楽しみもあります。 材質の代表としては、プラチナ・ホワイトゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・シルバー等があります。 見た目の色合いが違うので、どれにしようか迷ってしまいますよね。 そして、もう一つ違いがあります。 それは、地金価格の違いです。 一番日本人に人気があるプラチナは値段が高く、1グラムあたり約3000円程度となっています。 白さで言えばホワイトゴールドも白いですが、値段的にはプラチナの7割前後で購入する事が出来ます。 プラチナの次に人気があるのがゴールドですが、やはりプラチナよりはかなり安く購入する事が出来ます。 それほど、材質によって価格が変わってくるのです。 もちろん、指輪のサイズや太さでも使用量が違うので夫婦で価格差が生まれます。 最近の人気は、結婚指輪を夫婦違う材質にする事です。 同じデザインだけれども、材質が違うのです。 そういう工夫をする事で、費用を抑えつつ妥協しない結婚指輪を選ぶ人が増えています。

クオリティを下げずに結婚指輪を安く購入する

最近は、お金をかけずに結婚式をする人も増えています。 という事は、もちろん結婚指輪にも費用はかけられないという事になります。 そうでなくても、結婚にはなにかとお金がかかりますから費用は抑えたいところです。 そういった部分は、結婚式場側も把握しています。 実は、聞いてみるとジュエリーショップと提携して、お客様に結婚指輪を安くご案内する工夫をしている式場もあるのです。 提携しているところだと、10パーセントから30パーセントも割引になる場合があるのです。 活用しない手はありません。 ですので、提携しているジュエリーショップの有無を確認する事をおススメします。 ですが、まだまだ人気なのがブランドものの結婚指輪です。 ブランドは付加価値がつけられて売られているので、かなり費用が上がります。 ブランド品の場合、インターネットで購入すると安い場合があります。 ぜひ、探してみましょう。