結婚指輪や婚約指輪を大切な人へプレゼントする

材質から選ぶ

Wedding

結婚指輪を選ぶ際には、プラチナやシルバー等材質を選んでいくという楽しみもあります。また、結婚式場とジュエリーショップが提携して安く指輪を提供できるサービスを行っている場合もあります。

Read More

恋人への贈り物

Wedding

結婚指輪だけでなく、婚約指輪を贈ることも増えてきました。婚約指輪はジュエリーブランドのテナントや、街中の専門店で購入することができます。指輪を購入すると文字を彫ることができるほか、日付やイニシャル等様々なサービスがあります。

Read More

指輪の購入

Wedding

指輪を購入する際には、店舗で購入する方法やオーダーメイド、一から指輪を自分で制作する方法等様々な方法があります。結婚指輪や衣装を一緒にオーダーで注文するということもできます。

Read More

オリジナルのデザイン

Wedding

婚約指輪をオリジナルで作りたいという人もいます。その場合は持ち込んだデザインを手作りしてくれる工房や、一緒にデザイン製作を行なってくれる会社もあります。費用は工房によって幅があるので見積もり依頼することが大切です。

Read More

指輪の違い

一生の思い出に残るものといえば、結婚指輪があります。一生の思い出に残るような素敵なアイテムを選んでみませんか?

婚約指輪っていつからあるの

婚約指輪とは男性から婚約の証として女性に贈られる指輪です。結婚指輪と混同されることもありますが、結婚指輪は結婚式の時に男女が交換するもので、男女でペアの指輪をはめます。 結婚指輪は肌身離さずに身に着けるので、日常の家事がしやすいように装飾の少ない指輪が一般的ですが、一方の婚約指輪は普段身に着けないので美しい装飾の指輪が用いられます。 婚約指輪を渡すという行為がいつごろから始まったのか、正確なことははっきりしません。広く一般に言われているのは、古代ギリシアにその起源を求め古代ローマ時代に広く普及したというものです。また材質に関しては古くは鉄製であり、古代ローの時代に金製の指輪が用いられたといいます。 いずれにせよ、広く庶民にまでこうした文化が一般化するのは中世の欧州だということです。日本では明治時代に西洋文化の流入に伴って西洋から伝わり、その後全国に広まりました。

現状と今後の動向について

婚約指輪をめぐる現状はどうなっているのでしょうか。 最近ではそもそも婚約指輪は必要ないと考えるカップルもいるようですが、一般的には渡すことが主流です。 テレビや漫画などでプロポーズの際に指輪を差し出すという場面が度々登場しますが、最近ではプロポーズした後にカップルでお店に行って選ぶということも多いです。このほうが、良かれと思ったデザインを女性が気に入らないというトラブルを防げます。 さらに婚約指輪の相場としてよく言われる「給料の三か月分」という価格の目安がありますが、あまりこだわらず現実的な価格で用意することが多いようです。デザインもかつては派手なものが主流でしたが、普段使いもできるように装飾を抑えたデザインにも人気が集まっています。 そもそも日本で婚約指輪を渡すようになったのが百数十年ほど前からと、歴史が短いうえに発祥地のヨーロッパでも時代や地域によって婚約指輪に対する価値観は変わっていました。 そのために日本における婚約指輪に対する人々の価値観もこれから時代と共に変化していくものと考えられます。